« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月13日 (月)

土浦交響楽団第66回定期演奏会

513土浦交響楽団第66回定期演奏会
2013年6月1日(土)
ノバホール
17開演:16:30開場

指揮 田部井 剛

チケット全席自由
一般 900円・前売700円
高校生以下 700円・前売500円

曲目は以下の通り

ボロディン/歌劇「イーゴリ公」序曲
ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲
ドヴォルザーク/交響曲第8番 ト長調

9月のつくば学園都市オーケストラはドヴォルザーク交響曲7番でした。
筑波大学管弦楽団では、ドヴォルザーク交響曲第6番が聴けるらしいです。

6・7・8番3曲聴くとドヴォルザークグッズが当たる!という話はありませんが、
こんなに続くのは珍しいですね。

ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲
は題名通り変奏曲。
テーマは”聖アンソニーのコラール”がテーマになっています。

これは、木管五重奏でよく演奏される
ディヴェルティメント第2楽章のテーマと同じ旋律です。
穏やかな旋律はとても印象深く、ブラームスの心にも響いたのでしょうか。

。。。最後にすみません。
素敵なチラシです。
託児サービスあります。申し込みは5月25日(土)まで。

クレフ楽器でチケット扱っております。

|

2013年5月11日 (土)

ロッシュ/ボルドーニのヴォカリーズに基づく旋律的な練習曲集 第1巻

いつの間にか変わっていて、ちょっとショックでした。

511ロッシュ/ボルドーニのヴォカリーズに基づく旋律的な練習曲集 第1巻 CD付
カール・フィッシャー版 ¥3,200+税

トロンボーン、ユーフォニウムで使われいる教則本
”メロディアスエチュード”です。

ボルドーニの声楽のための曲をロッシュがアレンジしたようです。

以前は白にトロンボーン(確か赤と青)の絵が付いた本だったのですが、
今回入荷してみたらCD付に変わっていました。

厚さもあるので見てみると、譜面の段数も違ってます。
表紙にも”Edited by Raph"

・・・え~っと。
ボルドーニの書いた曲をロッシュが編曲して、
ラフが校訂しなおしました。ということでしょうか。

以前のものは廃版で、CD付のこの版に移行したようです。

実は他にもショックなことが、
”ロシュート”だと信じ続けて何十年・・・。
検索してもクレフのみしかあたりませんでした。寂しい・・・。
正解は”ロッシュ”のようです。

その上、更にもうひとつ。
この教則本は3巻まであるそうです。
2巻までだと信じ続けて・・・。(もういいですね)
2巻までしかみたことがありません。

・・・なんだかショックな教則本でした。

|

2013年5月 9日 (木)

サクソフォーンルネッサンス/クワチュール・ベー

皆さん血液型B型とか・・・。

59サクソフォーンルネッサンス/クワチュール・ベー
N.A.T \2,667+税

ソプラノサクソフォーン  國末 貞仁
アルトサクソフォーン   山浦 雅也
テナーサクソフォーン  有村 純親
バリトンサクソフォーン  小山 弦太郎

.スカルラッティ(ピエルネ・ミュール編)/3つの小品
1.Ⅰプレスト・ジョコーソ
2.Ⅱアンダンテ
3.Ⅲスケルツォ
4.サンジュレー/協奏的大四重奏曲
ジャンジャン/サクソフォーン四重奏
5.Ⅰ陽気な村人
6.Ⅱ懐かしい風景
7.Ⅲ蝶々
8.Ⅳ広場の音楽会
ランティエ/アンダンテとスケルツェット
9.アンダンテ
10.スケルツェット
11.クレリス/かくれんぼ
12.クレリス/序奏とスケルツォ
13.ヴェロンヌ/半音階的ワルツ
14.ヴェロンヌ/アンダルシアの騎士
15.イトゥラルデ/小さなチャールダーシュ
16.ピエルネ(ミュール編)/守護天使の夜

”・・・サクソフォーン四重奏の古典ともいえる珠玉の名曲たちに改めてスポットを当て
再生したいと考えました。それが「サクソフォーン・ルネッサンス」です”

というライナー通り、名曲揃いです。

そして、その名演に驚きました。
”音楽してますね”・・・意味不明に思われそうですが、その通りなのです。

サクソフォーンアンサンブルはある意味新しいジャンルだったのかもしれません。
弦楽四重奏でもなく、金管アンサンブルでもなく。

新しい時代の作曲家がたくさん書いてくれたのも納得です。
サクソフォーンアンサンブルの名曲、聴いてみてください。

|

2013年5月 5日 (日)

GO!GO!吹奏楽レベルアップ!トランペット

55教則本も変わりました。

GO!GO!吹奏楽
レベルアップ!トランペット
ヤマハミュージックメディア ¥1,500+税

”楽しい”教則本です。
挿絵にマンガなんて、古い人間には考えられません。

トランペットの他、
フルート・クラリネット・サックス・トロンボーンがでています。

552トランペットの内容は以下の通り。

*最初に知っておきたいこと
1.はじめてトランペットと持つ人のために
Step1 トランペットの基礎知識
Step2 はじめての音出し

2.練習を始める前の毎日のトレーニング
ボディ・チューニング

3.理想の音を出すための毎日の基礎練習
Step1 ロングトーンの練習
Step2 タンギングの練習
Step3 リップスラーの練習
Step4 音階練習

4.音楽表現力を高める実践練習
Step1 旋律を魅力的に吹こう
Step2 高度な音楽表現のための
Step3 アンサンブルを楽しもう

5.お役立ち!本番前のウォーミング・アップ

6.本番に強くなるために メンタル・トレーニング

7.かんたん楽典

8.トランペットの運指表

553・・・いたれりつくせり(漢字は、至れり尽くせり、だそうです)
確かに興味がわきますね。

ちょっと軽めの教則本、なんて思ったら大間違いです。
盛りだくさん。
え~っ。こんな所までという感じです。内容は、充実そのもの。

Colum・ワンポイント・チェックポイントなど、
細かい配慮がたくさん。

”学校に1冊”の教則本です。
でも、個人で購入して、じっくり読みたい感じです。

もう吹奏楽は暗くない!!(・・・あらら、誰も言ってません?)

 
 

|

2013年5月 2日 (木)

Deja vu TV RADIO SONGS/啼鵬

 CDです。

啼鵬さんより、じきじきに頂きました。
店頭に並んでいます。
・・・あっ、サイン入りにしてもらえば良かったでしょうか。

52Deja vu TV RADIO SINGS
bluesofa Records ¥2,100(税込)

1.楽興の時/Schubert
2.Let It Be/THE BEATLES
3.アダージョ ト短調/Tomaso Albinoni
4.BRIDGE TROUBLE WATER/Simon & GARFUNKEL
5.晴れたらいいね/DREAMS COME TRUE
6.春よ来い/松任谷由実
7.HELP/THE BEATLES
8.ダイジョウブ/小田和正
9.ひまわり/葉加瀬太郎
10.Vocalise/Sergei Rachmaninov
11.along with you/啼鵬

もちろん、すべて編曲by啼鵬。

おもしろいというか、良くここまで、というか、
本当に色とりどりの曲目がならんでいます。

聴きたくなりますね。
心穏やかににさせてくれる1枚です。

522演奏は、
佳秋カルテット。
弦楽合奏団弓組。
Voice 伊藤大輔 Guitar中村タイチ Violincello江口心一

マルチプレーヤー啼鵬さんは、
いったいいくつの楽器を演奏されているのでしょう。

8月につくばで演奏会を予定しているとの情報も。

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »