« ロマンティック・クラリネット/ライスター(CL) | トップページ | 筑波研究学園都市吹奏楽団 午後の演奏会18 »

2015年2月23日 (月)

バック/ハンガリアンメロディ(コルネット+ピアノ)

”バック”はヴィンセント・バックです。

223V.バック/ハンガリアンメロディ(コルネット(トランペット)+ピアノ)
Manduca  ¥2,200+税

トランペットで有名なバック。
なんと作曲もしていたのでした。

お客様”バックのハンガリアンメロディの楽譜下さい”
バックですね。バック、ってあのバックですか?
・・・本当にヴィンセント・バックでした。

ハンガリアンです。こってり系の曲。
最初にトランペットのカデンツ。泣きのメロディ。
Moderatoではじまり、Allegro Prestoと速度があがります。
なんと最後にまたカデンツ・・・そして最後に”HighBb”
フォルテッシモで14拍~!!

・・・すみません。トランペットの方にはこの大変さがわかって頂けたかと。

ここでトランペット吹きじゃない方にも少し説明を。

ヴィンセント・シュローテンバッハ(1890-1976)
はウィーン生まれのトランペット奏者。
ボストン交響楽団、メトロポリタン歌劇場管弦楽団の
第一トランペット奏者として活躍していました。
自らマウスピース・楽器の設計に関わり、
ヴィンセントバック社を立ち上げました。
これが、金管楽器で世界的に有名なヴィンセント・バックです。

バックがこの曲を演奏したことで、
バック社コルネット(トランペット)の素晴らしさを伝えたのでは。
・・・なるほど、素晴らしい宣伝ですね。

|

« ロマンティック・クラリネット/ライスター(CL) | トップページ | 筑波研究学園都市吹奏楽団 午後の演奏会18 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。