« 2015年2月 | トップページ

2015年3月

2015年3月24日 (火)

ブルグミュラー?

発表会のお問合せを頂きましてありがとうございます。
プログラムはデータでお送りできます。
clefgakki@nifty.com こちらまで。ご連絡下さい。

話は急に飛びます。

電車が発車するときに音楽が流れますが、
”どこかで聴いたことがあるけど・・・思い出せない”
ってことよくあります。

都内に出て大江戸線に乗りました。

行きは”シューマン/メロディ”です。
シューマンの子供のためのアルバムに入っていますが、
ピアノ初級用曲集にも良く載っているので、弾いたことのある方も多いのでは。

問題は、帰りです。
・・・思い出せない。・・・けど良く知っていて、続きも歌えるのです。

答えは、ブルグミュラー/すなおな心
ブルグミュラー25の練習曲、最初の曲です。

なんと、今まさに発表会に向けて
3年生の女の子がレッスンしている曲でした。
あらら、忘れるにも程がありますcoldsweats01

そして、ブルグミュラー。

今年の発表会の生徒さんの”トリ”は
ブルグミュラーです。

ちなみに、”トリ”は鳥ではなく、最後に出演する人、演目のことです。
紅白の”トリ”もこれです。落語からの由来らしいです。

毎年、トリの方はこちらからお願いするのですが、
発表会最後に演奏されるということは、午後7:00頃。
当日は緊張が続いて”長い一日”となり気の毒です。

発表会のプログラムは店頭にてお配りしています。

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

クレフ楽器発表会

今年の発表会はカピオホールです。

第32回クレフコンサート
発表会
つくばカピオホール
第一部 AM10:30 第二部 PM1:00 
第三部 PM3:00 第四部 PM5:00
入場無料

毎年恒例のクレフ楽器発表会です。

今年はノバホールが改修工事のため
2015年1月から3月は大ホールが使用できません。
ステージ照明とトイレの配管交換とのことですが・・・。

そのため今年はカピオホールにて。
カピオホールでの発表会は2008年以来ですので、7年ぶりです。

管楽器のソロ(ピアノ伴奏付・先生とのデュエット)と
ピアノソロの演奏が聴けます。

今年の参加人数は80人。

サックスはソプラノサックス・アルトサックス・テナーサックスもあります。

フルートは残念ながらC(ツェー)管のみ。普通のフルートです。

クラリネット・・・細かく言うとBb(ベー)クラリネット。
バスクラリネット。
それもLowC(ロウツェー)といって下のドまで音が出る、長いバスクラリネットです。

トランペット。こちらは、Bb管とC管。これはほとんど見分けがつきません。
それから、フリューゲルホルン。
それはホルンですか?・・・という方のために。

ホルンと名前がついていますが、トランペット奏者が吹きます。
ジャズなどにも使われる、やわらかくて、あま~い音の出る楽器です。
心地よい音です。

出演者は、小さなお子さんから、年配の方まで。
今年初めての発表会という方から。
”今年15回目の発表会です”というベテランの方まで。
日頃のレッスンの成果を発表してくれます。

曲もいろいろです。
クラシックから、ポピュラー、ジャズまで。
演歌もあります。

講師演奏は以下の通り。

トランペット 鈴木 孝裕 (第二部最後)
Kenny/Trumpet by  Candlelight (たそがれのトランペット)

アルトサックス 目﨑 紫野 (第三部最後)
ポンセ/エストレリータ
ドス/ブルータル・サクソフォン

管楽二重奏 (第四部最後)
フルート 蛯原 幸子
クラリネット 川井 夏香
サン=サーンス/タランテラ 作品6

プログラムご希望の方はご連絡下さい。
E-mail clefgakki@nifty.com
店頭でもお渡ししております。

皆さまのご来場をお待ちしております。

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

交響楽曲打楽器用語辞典

なかなかの優れものです。

32交響楽曲打楽器用語辞典
著者 ラング・スピバック  訳/著 雨宮靖和
¥1,942 + 税

平成5年に発行。
打楽器の用語辞典です。
コンパクトな冊子(15cm×9cm)になっています。

英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語。
更には、ポルトガル、ロシア語。

オーケストラで使用される打楽器のみではなく、
楽譜の中の、用語、略語、記号、奏法、注釈なども収められています。

あまりに専門的過ぎて、パソコンでも検索できないことがありますが、
”そんな情報が満載”という感じです。

打楽器の方、これで楽譜の中の用語は、ほとんど網羅できるのでは。

最近あまり見かけないので、絶版かと思いましたが、
まだまだ手に入りました。coldsweats01

こういう、専門書はいつどうなるか・・・。
心配なので、今のうちにお持ちください。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ